失敗したくない!信用取引で必要な事

まずは損失に対するシビアな視点を持つ!

信用取引では、レバレッジ効果により専用口座に差し入れた委託証拠金の3倍以上の運用が行えるようになります。つまり、期待できる利益も3倍超見込めるということになりますが、金融取引においてはより規模の大きな取引に利益が集まりやすいため、実際信用取引にはそれ以上の利益効果があるということになります。
ついついこの利便性に目がいきがちですが、何倍もの利益が見込めるということは、逆にそれと同等以上の損失が出る可能性もあるということになります。つまり、同じ額の資金を投入した現物取引と信用取引でも、発生する可能性がある損失は何倍も違うということになります。信用取引を行うに当たってまず重要なのは、現物取引と同じような感覚を持たないということです。あくまで現物取引の延長にある取引であることに変わりありませんが、損失に対してはより厳しい視点を持つように心がけなければなりません。

現物取引で行っていた運用方法は、信用取引では通用しない!

現物取引と同じ感覚で取引しないということは、信用取引においては現物取引と同じ手法で運用を行ってはいけないということです。信用取引で通用する手法を現物取引に援用することは十分可能ですが、その逆でも成功するということはあまりありません。
信用取引で最も行ってはならないのが、『裁量トレード』です。現物取引ではリアルタイムな相場勘が求められることもあるため、裁量トレードが運用方法としてマッチする場合もあります。しかし、信用取引ではより慎重を期さなければならないため、相場勘のみで裏づけに乏しい運用はそぐわないのです。現物取引で利益を出し続けることができた裁量トレードの手法が、信用取引にシフトした途端に通用しなくなったという話は、信用取引ではよくあります。一過的には運良く利益を出すことも可能かもしれませんが、トータルで見た場合、信用取引で裁量トレードを行った場合の勝率は決して高くならないのが実状です。

信用取引の保証金が安い証券会社を見つけることで、将来的に投資活動を続けるうえで、コストの負担をなるべく抑えることができます。